肥満の人は体臭がきついイメージ?それは間違っていない

肥満の人は体臭がきついイメージ?それは間違っていません。関係について解説します。

おかひじきはイライラを抑える!美肌にも良い

   

おかひじきという野菜を知っていますか。

ひじきと名前につきますが海藻ですなく、アカザ科の野菜です。もともと砂地などに生育していたのですが、江戸時代に南陽市に植えられて栽培が始まりました。見た目がひじきに似ているので陸のひじきと呼ばれています。

おかひじきは無農薬で栽培することができ、販売されているもののほとんどが無農薬です。農薬は体への影響が心配ですが、無農薬栽培なら安心して食べられますね。おかひじきにはマグネシウム、βカロテン、ビタミンC、ビタミンEなどの栄養素が含まれています。

骨を丈夫にするためにはカルシウムと思っているかもしれませんが、カルシウムだけ摂取しても吸収が悪いです。カルシウムの吸収を助けてくれるのがマグネシウムです。カルシウムとマグネシウムを2:1で摂取すると吸収がよくなります。

マグネシウムにはイライラを抑える働きもあります。βカロテンには抗酸化作用があり、紫外線や活性酸素から体を守ってくれます。体内で必要に応じてビタミンAに変換されます。ビタミンAには肌代謝を整えたり、粘膜を健康に保つ働きがあります。

乾燥肌の予防やニキビの治りをよくします。ビタミンCは抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防いだり、できてしまったシミを還元して薄くします。コラーゲンの生成にもかかわっており、アミノ酸と一緒に摂ることでコラーゲンの生成が促されます。皮脂分泌をコントロールしているのでニキビにもよいです。

ビタミンCとの相性がよいのがビタミンEです。抗酸化作用がありビタミンCとともに体を守ってくれます。血流をよくする働きもあり、血流がよくなることで老廃物の排泄がスムーズになってダイエット効果、肌代謝がよくなって美肌に、などの働きが期待できます。おかひじきはクセが少なく生で食べることもできますが、少しだけアクがあるのでサッとゆでて食べるのもよいでしょう。サラダ、炒め物、おひたし、お味噌汁などに活用できます。

 - 食品