肥満の人は体臭がきついイメージ?それは間違っていない

肥満の人は体臭がきついイメージ?それは間違っていません。関係について解説します。

肥満の人は体臭がきついイメージ?それは間違っていない

肥満の人は体臭がきついイメージはありませんか?これは実際のところはどうなのでしょうか。結論を先に言うと間違えていません。ここでは肥満と体臭の関係について解説します。

肥満の人は汗をかきやすい

人間が日々体を動かしていると、体内には多くの熱を発生しています。普通はこの熱は体外に放出されて、この機能のおかげで身体の環境は一定の状態にキープできるのです。しかし、肥満の人はどうでしょうか。太った人の身体は厚い皮下脂肪に覆われているので、その脂肪のせいで体外への熱の放出を妨げられます。

そのため体温が上昇しやすいのです。でも身体は上昇した体温を下げようとしますので、汗を大量に出そうとします。それにプラスして肥満の人は運動不足の人も多く、これも発汗に拍車をかける原因になります。汗をよくかく人は代謝がいい人とは限りません。また、外見だけ見ても分からない人もいます。

見た目は痩せているのに内臓脂肪が多い人です。こんな人も気をつけないといけません。生活習慣病と密接な関係がある内臓脂肪は血液中の脂肪酸の濃度を高める傾向があります。そのため毛細血管の動脈硬化を引き起こしやすくなり、皮膚の血流も悪化します。これでは皮下脂肪の時と同じように体内の熱の放出がうまくいかずに、身体は汗をより多くかいて体温を調整しようとします。

肥満の人は臭いの?

肥満の人は汗をかきやすいですし、体臭もきつくなりやすいです。なぜそのようになるかと言うと大量に汗をかき、それで服や下着が湿って雑菌が繁殖しやすいためというのが原因の一つになります。

それに加えて太った人は基本的に過剰に食べるので栄養素を摂り過ぎてしまう傾向にあります。その事で皮脂が過剰に分泌されやすいと考えられます。皮脂の分泌量が多いと毛穴に詰まって、雑菌や細菌の温床になり体臭を発生させやすくなります。肥満の人は体臭がきつくなりやすいのは分かって頂けましたか?

でも、デオドラントのラポマインで対策はできますから、いろいろ試してみてはいかがでしょうか?また、可能ならばダイエットするようにしたら良いかもしれませんね。基本的には太っていては健康に害になる可能性が高いですから、気をつけましょう。

公開日:
最終更新日:2016/04/03